全タイパワード

趣味は広く深く 好きなものを好きなだけ

【レポート】第二回『デトロイト ビカムヒューマン』オフ会・前編

本記事は、イベント本体の書き起こし・レポートになります。開催に至るまでの経緯などはこちら→

『デトロイト ビカムヒューマン』オフ会を開催しました

前回のレポートはこちら→

第一回(ゲスト:コナー役 花輪英司さん)

イベント後半のレポートはこちら→

第二回・後編(ゲスト:ディレクター デヴィッド・ケイジさん)

 

イベント概要

開催日:2018年8月3日 17:30〜

会場:新宿駅から徒歩5分、SF作品やアメコミ映画をコンセプトにしたダイニングバー"新宿FLUX"

主催:洋画オタクの私、始条明@AkiraShijo)と、洋ゲーオタクのayaka@citacitayaka)さん

ゲスト:『デトロイト ビカムヒューマン』カーラ役・佐古真弓さん

『デトロイト ビカムヒューマン』監督・脚本 デヴィッド・ケイジさん(Skypeでのご登壇)

 

www.youtube.com

 


〜以下、『デトロイト ビカムヒューマン』のネタバレを含みます〜

 

 

〜まず主催から自己紹介、会場案内、ドリンクの注文方法、禁止事項などの説明〜

 

 

――それでは早速ご登場いただきましょう!本日のゲストである『デトロイト ビカムヒューマン』主人公のひとりカーラ役を演じられました、佐古真弓さんです!

 

〜佐古さん、控え室から登場。『デトロイト』Tシャツにカーラをイメージしたヘア・メイク、LED・胸章・腕章の3点セットをシールで再現〜

 

今日は皆さま、足元もお悪い中、こんなにたくさん集まってくださりありがとうございます!(当日はかなりの雨でした)

はじめまして、カーラ役の佐古真弓です。今日はよろしくお願いします!

 

(来場者の一人が泣き出す)

 

どした!?ビックリしちゃった?大丈夫……怖くないよ!よろしくお願いします!

 

――佐古さんご自身も『デトロイト』プレイされたとのことで、今日は楽しいお話が聞けると思います。よろしくお願いします!

トークコーナー


――ではさっそく。佐古さんご自身も『デトロイト』クリアされたとのことでしたが、一周目はどのようなエンディングに?

あの、一周目、バッドエンドになりまして。台本も持ってるのに(笑)私、演ってんのになんでこんなことになるんだろ!?って。

 

アリスとカーラは、トラックに乗ってリコールセンターに行って……白くなって、逃げられたんだけどそのままエンディングに行っちゃって、ウソだろ!?なんだコレ!?っていう。

コナーはね、すごい頑張ってハンクと友情を温めてたと思ったんだけど……私は。「お前は機械」みたいなこと言われて、公園で撃ち殺されて。ウソだろォ〜!?と思って……新しいコナーが出てきたんだけど、また屋上で殺されちゃいました。どうも私はハンクと仲良くなれないみたいで。

マーカスは何度か失敗を繰り返しつつ、ノースだけは守ろうと思ったんだけど、守ろうとしすぎて、みんなからの信頼どんどん下がっちゃって……それまでコナーがハンクに殺されたりして、私の気持ちもどんどん落ちちゃってたので、最終的にはもう、化学兵器押しちゃえ!と思って。やっちゃいました。

 

(会場、爆笑)

 

で、大統領がなんか「残念です」みたいな。(大統領役の田中)敦子さんに怒られちゃった。ごめんなさーい!すみませーん!っていう。エンディングの確率もかなり低くて、1%とか2%とか……タレントの有吉(弘行)さんも『デトロイト』プレイされてるそうで、かなりレアなエンディングに辿り着いたとか。同じくらいの感じだったのかもしれないですね、たぶん。

 

――一周目、チャプター『あてどなく』で、カーラはどこに泊まりました?

 

最初はね、モーテルに泊まろうと思ったんですよ。思ったんだけど、万引きしようとするとアリスが怒るじゃないですか。「そんなことしちゃダメだよカーラ!」(声真似)みたいな。そうだよなァ〜と思って……

で、お金がないから野宿ですね。車に泊まりました。

 

――じゃあ、ラルフくんには……

 

その時は会わずですね。二周目で会えました!

アリスに怒られると、私の気持ちもグングン下がってきちゃうんですよね。親密度上げたいのに、なんかしようとすると「ダメだよそんなの!」みたいな。「私を利用するの?」みたいな。そんなつもりじゃないのよ〜!っていう……

 

――ありがとうございます。そういえば、カーラの髪は何色にしましたか?

 

私、銀髪にしました。

 

――オオ、僕も銀にしました。銀って結構少ない印象なんですよね。皆さん、何色にしましたか?

 

(来場者に挙手でアンケート。黒が大多数でした。)

 

――(ayaka)私は、アリスと同じ茶髪にしました。

 

ああ〜!なるほど!

 

――ナルホド!!その発想はなかった……親子だと偽装するシーンとかもありますもんね。

 

完全に見た目重視にしちゃった。

 

――カーラのストーリー以外で、印象に残った場面はありますか?

 

私、あそこ泣いちゃったんだよな……マーカスが「父さん!」って言うところ。泣きながら、でも……レオの立場は……って思いながら……(笑)

 

――たまったもんじゃないですよね、実の息子としては……では、選ぶのを迷った選択肢はありましたか?

 

皆さんもそうだと思うんですが、どこででも悩むじゃないですか。一番最初に悩んだのが『人質』でダニエルを撃つか撃たないかで……私、ダニエルの声を演じてる遠藤大智さんと大変仲がいいんですよ。

 

(会場、笑い)

 

最近も『LUCIFER/ルシファー』という作品で共演してまして。あ、つい先日DVDもリリースされましたので、ぜひよろしくお願いします。

 

LUCIFER/ルシファー <ファースト・シーズン> コンプリート・ボックス(7枚組) [DVD]

LUCIFER/ルシファー <ファースト・シーズン> コンプリート・ボックス(7枚組) [DVD]

 

 

主人公のルシファー役が遠藤さんで、私は彼とずっとバディを組んでいる役なんですけれども。よく飲みにとかも行くので……うわ〜大智撃てないな〜!と思って。銃は回収したんですが、説得するルートで行きました。でも……

 

――……ああ〜〜。

 

……最終的に死んじゃいまして。どうあがいても殺されるんだなと……何周かしてるんですが、いまだに撃ててないんですよ。次は撃ちます!(笑)

 

――ありがとうございます。ここからは、事前のアンケートにて参加者の皆さまから募集した質問に移らせていただきます。

アリスとルーサーに対する、佐古さんから見た印象……特に、「ルーサーのこと、どう思いますか?♡」みたいな質問がかなり多かったんですが、どうなんでしょうか。

 

ねー!どうなんでしょうね!?最初から"家族"って印象が強いので、演じてる時もルーサーに対する恋心みたいなのは全くないと思ってたんですけれども。逆にルーサーはどうだったんだろう?とも思いますね。
……あ!そうそう。一周目のルーサー、ローズの家で死んじゃいました。通報されて。

 

(会場、驚きの声)

 

どうすんのどうすんの!?って慌ててたら、お巡りさん入ってきちゃったから……あっという間に死んじゃった。ごめんなさい!

 

――アリスの印象はどうでしょう。

 

アリスは、とにかく守んなきゃいけない!って思ってたので。収録している時もゲームでプレイしている時も、なんとかしてこの子だけは、この子だけは守らなきゃ……と思ってました。ホントに"娘"ですね。

 

――あと、この質問も多かったんですが……トッド、許せます?

 

あいつねー!!

 

(会場、爆笑)

 

――一周目、どうしました?

 

撃ってしまおうかな?とも思ったんですよ。ただ、それをしてしまうと後で追っ手がかかるんじゃないかと思って、気絶させて逃げました。その後もゾンビみたいに追いかけてきて「ふざけんなー!」みたいな。私いま何のゲームやってんだっけ!?と思いながら必死に逃げました。

まあ……許してあげたいけどねー。可哀想だからねー、彼は。でもやってることはヒドいしなー……複雑ですよね。

 

――バス停では、トッドと再会しました?

 

あ、しました!その後、バスチケットを拾って……拾ったんだけど、またアリスに「それは私たちのじゃないよ!」みたいに言われて、そうだよね〜、それはいけないよね〜、と思いながら返しました。で、捕まって、リコールセンターに行きました。助かるためには、アリスの言うことを聞いてばかりじゃいけないんだなと……

 

――続いて、本編とはあまり関係のない質問なんですが、カナダに無事たどり着いた後、カーラたちはどんな生活を送っていると思いますか?

 

なんか……農場とかやっててほしいなあ。動物を飼いながら。ルーサーは絶対、ツナギみたいな服、似合うと思うんですよね。

 

――巻いた干し草みたいなの、肩に担いで。

 

そうそう!カーラも長靴とか似合いそうだから。牛の乳をね、絞っててほしい。犬とかも飼いながら、広大な土地で牧歌的な暮らしをしててほしいですね。

 

――似合いそ〜〜〜〜。あ、次の質問です。佐古さんがカーラと同型のAX400を手に入れたら、どういう関係を築くと思いますか?

 

姉妹ですかね。私が一人っ子なので、お姉ちゃんか妹みたいに接すると思う。でも絶対"家族"っぽくなっちゃうから、命令とかはしづらいかなあ。

 

――主人公3人の誰かと日本でデートするなら、誰をどこに連れて行きたいですか?……テレビで海外俳優にする質問みたいだなコレ。

 

そうですね……私、ふだん着物を着たりしてるんですよ。なので、ホントにベタですけど、着物を着せて浅草とかに連れてっちゃおうかな。目立つだろうな〜でも!

 

(会場、笑い)

 

コナーに女物の着物着せちゃってもいいかもしれない!それで人力車乗って……乗せちゃう!それをInstagramに上げて、"いいね"いっぱいもらっちゃお。

 

――ありがとうございます。本編に関わる質問に戻るんですが、佐古さんは台本を読みながら、アリスがアンドロイドだと知った瞬間、どう思いましたか?

 

台本のト書きに「アリス、アンドロイドになる」みたいな感じに書いてあったので、ん?ミスプリ?とか思いながら、収録スタジオでローカライズを担当された方にも尋ねたんですが……最初は、何を言ってるのかわかんなかったですね。 え?どのアリス?とか思って。

その後、アリスが肌を解除してるシーンを見せてもらって、アア〜〜〜〜って……!あの時の衝撃を、そのまま演技にも乗せました。

 

――あの場面は衝撃的ですよね……ありがとうございました。ここからはお待ちかね、佐古さんによる名ゼリフ再現コーナーになります!スピーカーがキーンってなったりしたら音量調節しますので……

 

そんなに声を張るやつないから、大丈夫かな。「デトロイト市警だ!」とかないから(笑)

 

(会場、笑い)

 

――登場の時、言ってもらおうかな?とか、打ち合わせはしてたんですよ。「デトロイト市警よ!」って。ウソだけど。

 

ねー!いろいろ考えたんですけど、カーラのセリフだとそういうのないんですよ。「はいトッド、はいトッド」言いながら入ってくるとか……「アリス、アリス!」って探しながらとか。

 

――みんなハラハラしちゃいますよね。では……よろしくお願いします!

 

名ゼリフ再現コーナー

 

特報ナレーションより

「ひとつのエラーと共に、私は生まれた。
胸で心臓が脈打ち、身体に命が迸る。
穏やかな声が私に囁く。私は……生きていると」

(この特報、超いいですよね)

 

『あてどなく』アリスを寝かしつける場面より

「約束する。ずっと一緒よ……ほら、もう寝ないと。じゃあ、電気を消すわね」

(「ずっと一緒」以外選択できないの、良いよね…………)

 

『逃亡』廃屋でラルフを問い詰める場面より

「あなたが殺したんでしょ?嘘をつかないで!人殺しをするなんて あなたも人間と同じよ!」

(得票数ナンバーワン。トッドを撃っててもこのセリフ言うんですよね。刺さる……)

『海賊の入り江』暖炉の前でアリスを寝かしつける場面より

「私のメモリーには9000個も童話がインプットされているの。好きなのがあるはず」

(印象的だったのか、こちらもかなり票を得たセリフでした)

『交わる運命』ジェリコでマーカスを訪ねる場面より

「人間かアンドロイドかなんてどうでもいいことよ……あの子は大切な存在なの」

(この時のマーカス、メチャメチャ疲れた顔してて好き)

『運命の分かれ道』川越えを失敗した場面より

「アリス……私は行けないの……世界中の、誰よりも愛してる。私がいなくても……幸せになるのよ」

(この辺から会場みんな泣いてました)

『運命の分かれ道』国境で自分が犠牲になる場面より

「あなたに出会えて幸せだった……あなたは私に命をくれた。あなたには幸せになる権利があるの。これから本当の家族を見つけて……私がいなくても、幸せになって」

(国境はどの選択肢でも良い場面ですよね。このへんのセリフは確認するためにリプレイしてても泣けてきて困った困った)

ティザーPVより

「私はカーラ。これは、私たちの物語」

初期のPVだと、カーラちょっと強そう)

 

――ありがとうございました!そういえば、このPVが最初の収録だったんですか?

 

そうですね!このPVがオーディションの時の演技をそのまま使っているので。カーラを演じているのがヴァロリー・カリーさんという女優さんなんですけど、最初は彼女とは知らなかったんです。オーディション会場に行ったときに初めて「あ!ヴァロリー・カリーさんだ!!」って。『ザ・フォロイング』というドラマで彼女の吹き替えをやったことがありまして、それもあって今回も呼んでもらったのかなと。それでもう「絶対(役を)獲る!」と思いながらオーディションに臨みました。

 

――なるほど!ではここからは、ご来場いただいた皆さんからご自由に質問していただけるコーナーとなります。ガンガン質問しちゃってください!

 

生質問コーナー

 

来場者:佐古さんが「これ言い辛い!」と思いながら演じたセリフってありますか?

 

さっきもやらせていただいた「人殺しをするなんて人間と同じよ!」 ですね。ホントにすごいセリフだなと思って。私たちアンドロイドは殺さない、同じ仲間を殺すのは人間でしょ?って、突きつけられてる気がしました。台本で読んだ時も収録した時も、大げさじゃなく、今の世界情勢とかのことまで考えちゃいましたね。自分で言いながら、自分に返ってくるみたいな気もして。

 

来場者:アリスとの会話の中で、母の目線で……プレイヤーとして、悩んだ選択はありますか?

 

やっぱりあの「万引きはいけないよ」っていう……

 

(会場、笑い)

 

そこでもう、生きるためにはね……とかも思いながら……最初もまず、コインランドリーで。「私たちの服じゃないよ!」みたいな。そのへんの、善悪をどうしたらいいかって問題は特に迷いましたね。悪いことしようとするとこっちが諭されたりもしますし。プレイヤーとしてはすごく辛かった……アリスを人間だと思うと、風邪引いちゃう!とかも考えちゃいますよね。

 

来場者:佐古さんの人生観が変わるような、衝撃を受けたシーンはありましたか?

 

自分の演じていた部分は、完成したゲームをプレイすると「あ、こういう風になってるんだな」っていう見方にはなってたんですけど。なのでやっぱり、他のパート……コナーとかマーカスとか……あ!コナーがカムスキーの家に行った時。やりすぎツーブロックの咲野(俊介、カムスキー役)さん家に。

 

(会場、笑い)

 

あのシーン、やっぱ衝撃ですよね。撃つか撃たないか。一周目は撃たなかったんですけど、後でやり直した時に撃ってみたら……ハンクに超怒られて。雪の中に置き去りにされるっていう……。
試されている!っていうのをすごく感じますよね。生死が自分に委ねられるというか。あの場面だけタイマーもなかったので、正解はないしな……と思いながら、すっごい悩みました。

 

来場者:ズラトコのこと、どう思いますか?

 

ズラトコねえ〜!どうしてあんな風になっちゃったんだろうな、って感情はありますよね。もうちょっと語り合えば、わかり合えるのかな〜とも思いましたね。可哀想な人ではあると思うので。でもダメかな(笑)

あそこにいるアンドロイドたちがまた可哀想で可哀想で……なんかこんな、頭がカッパァーッと開いている人とかいたりして、衝撃でしたよね。足がすごいことになっているのとか、急にホラーゲームみたいになったなと。

 

――シロクマはかわいかったですよね。

 

あのシロクマね!開けた開けた、檻。開けといてよかった。

 

来場者:『デトロイト』はアメリカの話ですが、あの世界の2038年の日本では、アンドロイド事情はどうなっていると思いますか?

 

日本だと……アンドロイドがもっと迫害、差別されてる気がするなー。アメリカよりもっと厳しくなってそう。

カールみたいに、アンドロイドに優しくする人も迫害されてそうですよね。すぐ近所の人に通報されたりとか……なので、ゲームの難易度がもっと厳しくなる!!

 

(会場、笑い)

 

――ありがとうございました!それではこの辺りで、事前に告知させていただいていたシークレット・ゲストの方にご登場いただきましょう……はるか欧州より、時空を超えてSkypeでのご登場となります。『デトロイト ビカムヒューマン』の生みの親、デヴィッド・ケイジさんです!

 

 

〜レポート後編に続く〜

 

 

イベント後半のレポートはこちら→

第二回・後編(ゲスト:ディレクター デヴィッド・ケイジさん)

 

前回のレポートはこちら→

第一回(ゲスト:コナー役 花輪英司さん)